服と本は使わないのに捨てることのできないもの

部屋の中で、多くのスペースを奪っているものといえば、私の場合だと本と服です。
どちらも、部屋の模様替えや衣替えをしたりするときに、少しずつではありますが整理するようにしています。
でも、この2つは本当に潔く捨ててしまうというのが難しくて、断捨離の難易度が高いと思っています。
しばらく使っていなかった服や本も、いざ手に取ってみると「もしかしたらのちのち使うかも」と思ってしまうんですよね。
例えば、どこかのお土産で買ってきたような雑貨なら、別に捨ててしまっても困ることはないでしょう。
もし必要になったとしても、同じようなものがすぐに買えたりするので、それほど躊躇することなく捨てることができます。
でも、服や本はなかなかそうはいかず、どうしても手元に残ってしまうものが多いのです。
しばらく着ていなかった服なんかは、いっそのこと捨てても問題ないのだと、言葉では簡単に言うことができるし、頭ではわかっているつもりです。
でも、同じものは二度と手に入らないということや、以前はお気に入りでよく着用していたことなんかが、判断の邪魔をするんですよね。
一度読んだ本というのも、本の1冊や2冊なら、それほど場所を取るものでもないしと思って、なかなか手放すことができません。
でも、その結果が本だらけになった棚だということを考えると、何かのタイミングで処分するという必要がありそうです。ベルタ葉酸 マツモトキヨシ